レコンキスタの勝利を誇るキリスト教国エスパーニャ=スペイン  June.2017
<世界遺産>Santiago de Compostera サンティアゴ・デ・コンポステーラ

今回はポルトガル→スペイン・サンティアゴ・デ・コンポステーラ→ポルトガルと旅行しました。
よって今回のスペインはサンティアゴ・デ・コンポステーラのみです。

尚、スペイン旅行記は別途『スペイン』があります。

キリストの12使徒の一人、サンティアゴ(聖ヤコブ)の墓が発見された地。スペインの世界遺産41か所の一つ。

関空からフランクフルト経由ポルトガルへ
ポルトガル・ポルトから陸路、スペインへ
巡礼の道 歓喜の丘
日本・スペイン交流400周年記念碑
大  聖  堂
キンターナ広場
ア ラ メ ダ 公 園
アラメダ公園から大聖堂を望む
サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街
Catedral(大聖堂)の鐘楼
正面
Catedral(大聖堂)内部へ
Morgan CLubのツーリング集団に遭遇


スペインで出会った車




ポルトガルへ


スペイン旅行記は別途『スペイン』があります。



大国スペインに大陸への進出を阻まれていたユーラシア大陸の西の果ての
ポルトガルは、それ故に大西洋に繰り出し大航海時代の先陣を切り開いた
Portugal ポルトガル  June.2017

Port ポルト

ポルトガル発祥の地=ポルトは大航海時代を見守ったドウロ川河口の港町。

大航海時代を切り開いたエンリケ航海王子の像
ドウロ川
ドン・ルイスT世橋
の上を走るメトロ
サン・ベント駅構内を彩る約2万枚のアズレージョ(タイル壁画)
正面のアズレージョが美しいコングレガドス聖堂
ボルサ宮
サンフランシスコ教会 内部の撮影は禁止だった
ドウロ川 と ドン・ルイスT世橋
1790年創業の老舗ワインセラー”サンデマン”  ドンの愛称で知られるマントとソンブレロのガイドが迎えてくれる



Aveiro アヴェイロ

アズレージョで飾られた旧駅舎
アヴェイロのカテドラル(大聖堂)



Bussaco ブサコ

<Palace do Bussaco>

ブサコ森林公園内にある壮麗なホテル
ポルトガル最後の王マヌエル2世が、1888年に狩猟のために立てた離宮だが、王制廃止の為使われることはなかった
この緑深き森の中に佇む宮殿は、1930年頃から国営ホテルとして利用されている
ブサコ・パレスで目覚めると朝焼けに輝いていた



Coimbra コインブラ

1290年にポルトガル王ディニス1世によって設立されたポルトガル最古のコインブラ国立大学 <世界遺産>


旧 カ テ ド ラ ル
パイプオルガン
聖堂の裏庭にある樹齢
千年のオリーブの木



Nazare ナザレ

白い砂浜の美しい漁師町 夏には世界中からバカンス客が訪れるリゾートでもある




Alcobasa アルコバサ

リスボンの北120kmのアルコア川とバサ川に挟まれた小さな街


<サンタ・マリア修道院 世界遺産>
ポルトガル初代国王アルフォンス1世がイスラム軍に勝利し、ポルトガル王国を建国しようとしたが、 ローマ教皇がそれを認めなかったため、
1152年シトー会修道院として建設し、権力の中枢として機能させた。 修道院としては立派過ぎる建築物の訳がそこにあるのだろう。
祭壇の両脇にあるペドロとイネスの棺  悲恋物語
アルフォンソ4世の息子ペドロはカスティーリャ王国の王女コンスタンサと政略結婚させられたが、
ペドロは、コンスタンサの侍女イネスに恋をした。コンスタンサ死後ペドロはイネスを側室に迎えたが、カスティーリャ王国の圧力を恐れた
王と重臣はイネスを暗殺。ペドロは王位継承後暗殺を企てた者を処刑し、イネスを正式な妻として教会に認めさせた。
マヌエル様式のドン・ディニス回廊
アズレージョで飾られた王の広間
アルコア川から引いた厨房の水場
厨房の煙突



Obidos オビドス

ブドウ畑の丘にある中世の城壁に囲まれた絵画のような小さな街。その美しさから『谷間の真珠』と呼ばれている。

城門をくぐるとアズレージョで飾られた
ポルタ・ダ・ヴィラと呼ばれる2重構造の城門がある



Sintra シントラ



夏の避暑地として王侯貴族に愛された箱庭のような街。英国詩人バイロンが、『エデンの園』と称賛した。<世界遺産 1995年>

<王家の夏の離宮>
遠くからも王宮の煙突が確認できる
王宮入り口から向いの緑深い山間部に豪華な城館が見え隠れする。
白鳥の広間 ジョアン1世が、英国に嫁いだ娘カタリーナの幸福を願い造らせた
紋章の広間 ドーム天井一面に16世紀の王侯貴族の紋章が掲げられている。 貴族以外では、航路開拓の功績を称えヴァスコ・ダ・ガマの紋章もあった。



Cabo da Roca ロカ岬

リスボンの西20km、ユーラシア大陸の最西端、「最果ての地」は高さ約144mの断崖絶壁で、風が強く6月にしてなお寒かった、



ユーラシア大陸の最果てに位置するポルトガルは、ヨーロッパ大陸に進出するには、
大国スペインに囲まれており、大西洋に出て行くしかなかった。
ここにポルトガルが、大航海時代の先陣を切り開いた背景があったのだ。


Lisboa リスボン

ポルトガル民謡ファドディナーショー

<ジェロニモス修道院>
ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念して、エンリケ航海王子が建設した礼拝堂を基にマヌエル1世が造った修道院。


ベレンの塔
発見のモニュメント

サンタ・ジュスタのレトロなエレベーターで展望台へ  リスボンの街が見渡せる



ポルトガル旅行中に出逢った車たち






よかった! また行きたいところ
残念! もう行きたくないところ
特になし一度行けば充分




≪ 旅 行 記 ≫
イラン
イタリア
トルコ
スペイン
ドイツ
オーストリア
ハワイ
オランダ
イギリス
モナコ/フランス
ドイツ No.2
チェコ
スロバキア
ハンガリー
クロアチア
スロベニア
ポルトガル
知られざるイラン40話


趣味人の悦楽
HOME
湖上生活&
巨べら釣り
ペルシャ絨毯
帽子
眼鏡・時計
海外旅行
音 楽
写 真
知られざる
イラン