●ペルシャ絨毯 Q&A●


8.床暖房だと絨毯はいらないのでは? (絨毯は文化!)


絨毯は、寒さ対策のために敷くというものではないのです。

フローリングのままだと傷がつくということもありますが、

それよりなにより、欧米では昔からカーテンや家具のない部屋には住むことが

出来ないのと同様に、絨毯の敷いていない部屋には住めないと考えて来ました。

絨毯が敷かれて始めてお部屋が完成するのですね。


畳みと障子文化であった日本でも、やっとカーテンは当たり前になりましたが、

部屋を飾るということよりも外からの目隠しという意識の方がまだまだ強いようにも思えます。

ヨーロッパで、花やカーテンで美しく窓が飾られているのを見るにつけ、

そう感じてしまうのは私だけでしょうか?


カーテンですらそうですから、絨毯となるともっと遅れているのではないでしょうか。

「豪邸拝見(豪邸自慢)」の雑誌やTV番組で、フローリングや大理石の床に絨毯が敷かれてないことが

多いのには驚かされます。欧米人やイラン人は「何故日本人は床暖房していたら絨毯を敷かないの?」と

不思議に思っていることでしょう。絨毯はまさに文化なんですね。


お好みのカーテン、家具、絵画、絨毯で人間らしく住まう癒しの空間を作り上げて下さい。

きっとゆとりと悦び、居心地の良さをもたらしてくれるはずですから



9.ペルシャ絨毯は古くなればなるほど値上がるって本当ですか?に進む



ペルシャ絨毯 Q&Aのトップに戻る



Copyright ペルシャ絨毯 メヘラン 神戸 All Rights Reserved