●ペルシャ絨毯 Q&A●


10.ペルシャ絨毯の見分け方は?


手織り絨毯の価格はどれだけ時間を費やして作られたかによって決まります。

ペルシャ絨毯の場合1〜3年の気の遠くなるような年月を費やして手織りされます。

従って、絨毯作りの中で一番時間のかかる織り、その細かさで値段がほぼ決まると言えます。

細い縦糸、細いパイル糸、細い締め糸を使って織れば織るほど、

時間(年月)がかかるので高くなるのです。


シルク糸は細いので、ウールの絨毯より高い場合が多いのですが、

シルクだからウール絨毯より高いということではないのです。素材費はほんの一部ですから。


でも、織りが細かければ良い絨毯というものでもありません。

工房のサインがあれば良い絨毯とは限りません。

有名工房でも駄作、無名工房でも傑作、日本でだけ「有名工房」ということもありますから。

ましてや、日本で高く売られている絨毯が品質の良い絨毯とは全く言えません

何社も流通して、値がつり上がっているだけのことが殆どですから。

絨毯の良し悪しは、デザイン、素材、染色、織り、これら全てで判断しなければなりません。


一言で言うと、良い絨毯は、使い込んで古くなって良くなる絨毯です。

詳しくは、ご来店時にでもセールストークではない本当のことをお話させて頂きます。


11.半額セールってどう思われますか?に進む



ペルシャ絨毯 Q&Aのトップに戻る



Copyright ペルシャ絨毯 メヘラン 神戸 All Rights Reserved